女性にも「加齢臭」は発生する~すっぱい汗の臭いの対策~

体臭を消臭

年をとることによって、「醜くなる」のは「見た目」だけではありません。

その人の「雰囲気」を構成する、大きな要素としての「体臭」に関しても
加齢によって悪化する、立派な「美容ポイント」とも言えます。

世間で「不快なにおい」と呼ばれるものには、様々な種類(臭い)がありますが
それぞれに違った原因があるため、正しく対処するためには
正しい知識を持っておく必要があり、まずは「根本的な悪臭」の改善から始めましょう。

基本的には「ただの悪臭」

一般的に認知されている「加齢臭」は、「中年くらい」の年代の方の体が発する
「独特の強い体臭」といったイメージを持っている方が多いと思います。

また「女性」にも加齢臭があることは、広く認知されていることでもあります。

しかしながら、多くの方が考えている加齢臭は「本当の加齢臭」ではありません。

「加齢臭」というのは、ホルモンバランスが崩れた後の
主に「老人」と呼ばれる年齢の人が発するものであり

「ノネナール」と呼ばれる、老人特有の生成物質が関わっています。

世間で言われる「いわゆる加齢臭」の原因は、それとは根本的に違うものであり
「ミドル脂臭」と呼ばれるものが発する「疲労臭」と呼ばれるものになります。

「アンモニア臭い」と呼ばれるような「酸っぱい」臭いが特徴的であり
身に覚えのある方も、少なくないはずです・・・

中高年の独特の体臭「加齢臭」とは一体どんな臭いで何が原因となっているのか
中年に差し掛かることによって、発生するトラブルは 見た目(肌・お腹)と、内側(内臓・代謝機能)だけではありません。 「体臭」に関しても、若い頃よりもより注意して ケアしなければならない、非常に大切な要素になります。 体臭は自...

「加齢」と共に確実高まるリスク

この「ミドル脂臭」の原因は、悪質な皮脂によるものが大きな要素です。

表面的なケアを怠ったことによる「垢」や「皮脂」の蓄積が、最も大きな体臭の原因ですが
こういったものを除去するのは当然のことであり、女性であれば意識している方が大半であるはずです。

ここで問題なのは「悪質な生活習慣」の蓄積です。

  • ジャンクフード
  • 動物性脂質
  • 臭いの強い食材

といった食べ物は「皮脂自体」を悪化させる要因であり、こういった食品を控えている女性は多いと思いますが
完全に排除することは難しく、小さなものでも蓄積されることによって
徐々に、老廃物の質は悪化していくことになります。

つまり長く生きていることによって、体臭が悪化することもまた当然のことなのです。

ストレスも臭いの原因になる

また一般的に加齢臭と呼ばれる体臭は、「疲労臭」と呼ばれることもあり疲れている人は臭いのです。

そして疲れというのは肉体的なものだけではなく、「ストレス」による精神的な疲労も含まれ
中高年の方は、男女関わらずリスクが上昇しているものになります。

「乳酸」と呼ばれる疲労物質は、ストレスによって過剰に分泌されますが
加齢による内臓機能の劣化によって、正常に分解されないことで
表面に現れてしまい、皮脂や汗と混ざり合い、最終的に悪臭となって放たれます。

これが「みんなが思っている加齢臭」の正体なのです。

悪臭予防の基礎

こういった問題に関しては、まずは「予防」が大切ですが
予防・対策自体が「改善策」でもあり、気づき次第始めるしかありません。

まずは、やはり「食生活」の改善を優先すべきであり

  • 「肉類」を控える
  • 野菜・果物を多くとる
  • 乳酸菌の摂取を意識する
  • 水分を多めにとる

といったものが、主な解決策になります。

まずは、悪質な皮脂を招く「動物性脂質(たんぱく質)」を控えることで
そもそもの「体臭」の素となる物質を減らします。

野菜や果物は、「酸っぱいもの」と中心に「抗酸化物質」を含んでおり
<臭くさせる>リスクを防ぐことにつながります。

更に、乳酸菌によって腸内環境を改善させておき
大目に水分を摂取することで、体の中にある「悪材料」の早期排出を促します。

「肉を食べない」というだけでも大きな効果あり、
全て実践するのではなく、無理せず、少しづつ進めていきましょう。

体調には十分に注意して、ぜひ試してみてください。

「肌の表面」だけから放たれるものではない

「体臭」の問題を考える際、どうしても「肌色」の部分から
発せられるものだけを問題にしがちですが、「髪の臭い」といったものも体臭の一部です。

また「口臭」に関しては、特に「深刻な人」も多い問題になります。

「口が臭いおばさん」に会ったことのある人は多いはずです。

口臭に関しても肌と同じく、まずは内面(口腔内)を清潔に保つことが前提です。

しかし、それでも臭いという場合は「内臓」の状態が悪化しており
消化器官を中心に、何らかの疾患を患っている可能性もあります。

「便」が体臭リスクバロメーターに

体臭・口臭の不快な臭いが強いという人は、同時に「便」の臭いも強くなっているはずです。

年をとると便が臭くなるのはなぜ?~内臓の劣化と機能の悪化~
自分の「便」というのものは、自分の「体臭」と同じく 自分自身では、意外となかなか認識できないものになります。 しかし、いずれにしても自分で認識できるレベルというのは かなり”進んでしまった”という状況が考えられ、注意すべき段階です...

便の状態というのは、体の機能全てのバロメーターでもあります。

便が健康であれば体も健康であり、「健康」と「美」は強い相関性があります。

つまり排便機能の改善は、結果的に美の向上につながるのです。

上記したように、腸内環境を改善することによって
「老廃物」の蓄積を防ぎ、「めぐり」を促進させることは第一歩になります。

女性は日常的に「香水」や「コロン」を付けている方も多く、”ごまかせると考える方も多いうようですが
「質の悪い体臭」と「臭いをまとわせるアイテム」が混ざった臭いというのは、
非常に不快感を感じさせるものが多く、悪臭を助長させている可能性があります。

根本的な問題の解決が不可欠なのです。

タイトルとURLをコピーしました