「汗」と「皮脂」による体臭の原因と対策

体臭を消臭

体臭を招く外部的な要因として、やはり「汗」と「皮脂」は避けることができません。

生きていれば必ず排出されるものであり、対策は必須になります。

まず汗が持つ本来の役割として、

体の中で燃焼(発生)したエネルギーの熱を冷まし

体内の温度(体温)を、適切な温度に調節することが挙げられます。

摂取した食べたものや、体調によって代謝の質は変わり
それによって、汗の成分にも違いが出てきます。

汗は体の表面に現れるまでに再吸収されるものと、排出されるものに分けることができます。

体に必要のないものが、汗となって排出されると思われがちですが
健康な汗というのは、不純物の無い「サラサラ」なものです。

本来であれば、再吸収されるべき物質が再吸収されずに
表面に出てしまった際に、「ネバネバ」した質感になってしうのです。

2種類の汗腺の発汗

汗を分泌する「汗腺」という組織には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。

「エクリン腺」から出る汗

エクリン腺は体中に分布しており、基本的に体温調節のための汗を分泌します。

運動した後や辛いものを食べた後にかく汗も、エクリン腺からのものです。

「アポクリン腺」から出る汗

アポクリン腺は、耳の裏や脇の下といったデリケートソーンな部分に分布しており
「不快な臭いの元」となる汗を分泌する汗腺です。

その臭いは、「フェロモン臭」と呼ばれることもありますが
ニオイトラブルの代表である、「ワキガ」の元となる汗を分泌します。

ネバネバしていて、乾いた後に黄ばみやすくそれ自体も強い臭いを放ちます。

アポクリン腺から分泌された汗は雑菌が繁殖しやすく、その結果さらに強い臭いを放ち始めます。

このアポクリン腺が、通常よりも発達している人に
ワキガ体質の傾向があることは、今となっては広く知られるものになります。

皮脂が招く体臭

次に皮脂が持つ役割として、

  • 老廃物の排出
  • 肌の表面の保護

以上の、いずれかに分けることができます。

その名の通り、その成分は「脂質」と「脂肪酸」であり
その中に含まれいる老廃物が、空気に触れて酸化することで不快な臭いが発生することになります。

皮脂は体の状態によって、その質や量は常に変わっていきます。

ここでは、それらを変える要素になるものを紹介していきます。

食事・食材の見直し

脂肪分の多い食べ物やニンニク等の、成分の濃い食材を摂取した場合
皮脂は濃くなり、その分臭いも強くなる傾向があります。

また汗と同じく、水分が不足している状況では濃度は濃くなりベタベタしてくる傾向があります。

生活習慣の安定

「自律神経」の乱れによって、皮脂の分泌が不安定になることが確認されています。

寝不足などの不規則な生活習慣も、「悪い皮脂」を招く原因になります。

またアルコールやタバコも、皮脂の質を悪化させる大きな原因になります。

それら自体が、悪臭の原因になることは否定できません。

肝臓が弱ることでそもそもの皮脂の分泌量が増え、その質も悪くなることが分かっており
そういった意味でも、アルコールの摂取習慣・過剰摂取は大きな影響を与えます。

最終的には加齢臭の元に、年をとることによって徐々に皮脂の質が変化していき
加齢臭の原因となる脂肪酸「パルミトオレイン酸」が含まれるようになります。

それらが空気に触れることによって、加齢臭の正体である「ノネナール」に変化します。

加齢は避けることができませんが、肌を清潔にすることで
パルミトオレイン酸が、ノネナールに変化することを防ぐこともできます。

タイトルとURLをコピーしました