口臭が気になる人は最低限「汚い口腔環境」は対策と改善をしておこう

口臭を消臭

当サイトでは、特に中高年の方に発生しがちな
「より臭い口臭」に関する、解決法を紹介していますが
その原因は、「体の底(内臓)から」発生しているものが多いと言えます。

しかしながら、”それ以前の問題”として・・・

「口が汚いから臭い」といった、非常に単純・基礎的なものを原因として
臭すぎる口臭が発生してしまっているケースは、十分に考えられます。

この「口の中が臭い」というの状況と、「胃の中が臭い」という状況は
併発してしまっている可能性も十分に考えられるため、ぜひ改めて想定して欲しいと思います。

最低限のエチケットは、当たり前に済ませておきましょう。

「歯磨き」だけでは防げない問題もある

ごく一般的な、社会人として生活しているのであれば
「歯を磨く習慣がない」といったことは、おそらくあり得ないことだと思います。

1日1回以上は必ず磨く、ということがほとんどであるはずです。

それができていないのであれば、まずは歯磨きましょう・・・

本来であれば、食後は必ず磨きたいものと言えますが
虫歯にならない範囲で、毎回しっかりと磨いているのであれば
1日1~2回の歯磨きで、正常・清潔なお口は保てると考えられます。

しかしながら、それでも口の中が臭くなってしまう、ということは
歯磨きでは防げない、特別な事態が進行していると考えられます。

加齢によって増す「歯周病(歯槽膿漏)」のリスク

最も典型的な症状が「歯周病」と呼ばれる、主に歯茎に起きる炎症であり
傷ついた歯肉から、細菌が侵入することによって発症します。

そしてこの歯周病が、発展してしまった症状が「歯槽膿漏」になりますが
これらは、加齢によって<歯茎が痩せる>ということが進行することで
そのリスクが増大することは、ある程度仕方がないことでもあります。

これが、「歯を磨いているのに、口が臭い」という現象の最も大きな要因と言えます。

  • 口の中がネバネバする
  • 歯茎がかゆい・痛い
  • 歯茎から血が出る

といった場合には、真剣に疑うべき症状であり
そもそも非常にありふれたものであり、誰にでもリスクはあります。

もちろん歯を磨かない期間が長いほどに、「歯垢」が増えるため
年をとるにつれて、歯磨きの回数は少し増やすべきとも考えられます。

また歯肉(歯茎)をピンポイントに鍛える、ということは難しいものですが
少しでも歯茎を強化することは、根本的なリスクを下げることにもつながります。

その際には<歯茎を引き締める>といった、やや高価な歯磨き粉がおすすめです。


「歯」と「口臭」に同時にアプローチできるアイテム

「歯を綺麗に」というコンセプトのアイテムや、また「ホワイトニング」といった
より効果的な働きかけのできるアイテムは、以前から数多く存在しましたが
最近ではホワイトニングと、口の中の除菌を、同時にできるアイテムも人気です。



そもそもホワイトニング自体が、歯の汚れを除去するケアであり
口臭のリスクを軽減することにつながりますが、それに加えて歯周病の予防もできる
今現在の臭いの改善と、今後に発生する口臭の対策を同時にできるアイテムと言えます。

口腔内が原因の口臭というのは、「胃の中からの異臭」に比べれば
対策・対処・改善がしやすいものであり、最低限・必ず無くしておきたいものと言えます。

また口腔内の環境の改善は、<歯の健康>を守るための基礎的なケアでもあります。

歯をいうのは、加齢によって劣化していく典型的なパーツであり
それには「雑菌」はもちろんのこと、上記した<歯茎の劣化>も含まれます。

徹底的に口臭を防ぐことは、歯を守ることにも直接的につながっているのです。

一番効率的にトータルケアできる口臭対策アイテムをチェックする

タイトルとURLをコピーしました