足の臭いの本当の原因と改善に必要な要素

体臭を消臭

足は、誰でも臭いものです。

「足の裏からいいにおいがする人間」なんて、まずいません。

そして、オヤジの足の臭いはその中でも圧倒的に臭いことで有名です。

自分でも自覚している人は多いと思われますが、
”くさくて当たり前”と半ばあきらめている、受け入れてしまっている人も多いのではないでしょうか?

最高に雑菌が繁殖しやすいパーツ

足が臭い原因として、

  • 汚れやすい
  • 汚れが蓄積しやすい
  • 蒸れやすい
  • 雑菌が繁殖しやすい

と、臭くなるために必要な条件がほとんど全て揃っていることです。

家の中で裸足という人は多いのではないでしょうか?

特に夏に家の中で靴下やスリッパを履いているという人は少ないです。

汚れ続け、蓄積され続けています。

また、ほとんどの人が靴をはいて外に出ると思います。

スーツ着用が規則の、会社員の人は「革靴」という
最も蒸れやすいタイプの靴を、1日中はいていることが珍しくありません。

高ければ高いほどいい皮を使っているため、独特のにおいが強い傾向があります。

蒸れ続け、雑菌は繁殖し続けています。

加齢と共に条件は悪化してくる

以上の条件はオヤジではなくても当てはまりますが、オヤジにはもうひとつ臭くなる条件が加わります。

加齢臭の原因となる、「ジアセチル」が引き起こす「ミドル脂臭」は足にも発生します。

誰でも1度は家に帰って、靴を脱いだ瞬間の臭いを嗅いだことはあるはずです。

これ以上ない臭さだと思いますが、靴の内部ではあの臭いが常に充満していることになります。

足自体ではなく、足に身につける靴下や靴も足の臭いの大きな原因になります。

清潔を<保つ>ことが難しいからより注意するしかない

足の臭いを解消・改善するためには、単純な対策と少し面倒な対策が必要です。

一番汚れやすい部分にも関わらず、他のパーツよりケアを怠りがちな習慣も変えていきましょう。

場所柄、殺菌と消臭を同時できるようなケアが理想です。

基本的には、その他のパーツ・部分と同じく、清潔に保つことが基本です。

しかし、「洗ってもすぐ汚れる」という体の構造上、手を抜いてしまう人も多いです。

<手を抜かない>という、非常に単純なことがとても大切です。

確かに洗ってもすぐに汚れてしまいますが、リセットしないよりはリセットする方がいいに決まっています。

何処よりも雑菌が繁殖しやすく、臭くなりやすい場所
臭い状態が維持されやすい場所だということをもう一度心に刻みましょう。

角質の除去

汗や皮脂だけではなく、「角質」という要素も溜まりやすい部分です。

剥がれると汚れになる・無いほうがいいものは、早急に除去が鉄則です。

お風呂に入ってふやかしてからであれば、手の指の先でも取ることができます。

指の間やくるぶしなど、手を抜きがちな場所こそしっかり綺麗にしましょう。

靴下・靴の臭いもケアする

通常の下着や洋服と違い、汚い部分を1日中覆っている靴・靴下は
気密性も強く、臭いのダメージも他の部分に比べ激しく受けています。

できることであれば、最初から蒸れにくい・抗菌加工のしてあるものを選びたいです。

  • 靴は同じものを毎日履かないでローテーションさせる
  • 中休みは天日干し
  • 靴下は決して2日連続ではかない

これらをベースとし、衣類からの臭い対策と同じように

洗濯する際も、臭いが定着しないような工夫が必要です。


ストレスを察知

足も他の場所と同じく、汗をかき・皮脂が分泌されると言うことは
ストレス等が原因の「疲労臭」も、発生する恐れがあるということです。

普段と臭いが苦ってきてはいないか常に気にしてましょう。

「足が臭い」と聞くと中年男性をイメージしてしまいがちですが、中年女性も臭いです。

皮脂やホルモンの分泌は、思春期を境に激しくなります。

ということは、20代の男性でも女性でもケアをしなければみんな臭くなるのです。

特におじさんは臭い印象があるため、マイナスのイメージの臭いを取って周りと差をつけましょう。

本当は臭くない「足の爪」

「足」というものは、そもそも「臭くて当たり前」と思っている人が多く
自然と<負の連鎖>が起きやすいパーツになります。

汚くて当たり前だから、それほど意識してケアしない。

益々臭くなっていく。

この流れは、どこかで断ち切らなくてはなりません。

そしてその連鎖を断ち切るためには、清潔感のある「爪」を保つことが不可欠であり
綺麗な爪は、足の臭いの軽減に最も貢献するものになります。

「足の爪」と聞くと、まず思い浮かべるイメージが「臭い」だと思います。

しかしながら、足の爪自体は最初から臭いわけではありません。

臭く「なる」のです。

もちろん、臭くなりやすい要素を十分に秘めたパーツであり
その理由として、「リスクが多すぎる」ことが挙げられます。

「汗」や「皮脂」といったものは、足の裏も例外なくかくものであり
爪も、その影響を受けてしまうことは想像出来ると思います。

そもそも蒸れやすく、臭いが増幅しやすい環境です。

そして、足の爪が受ける最大のリスクに「水虫」を挙げることができます。

水虫は、「足白癬(あしはくせん)」と呼ばれる
立派な病気(疾患)であり、男女問わず非常に多くの方が悩んでいます。

そして、多くの方の爪に「臭いの素」を提供していることになります。

「じゅくじゅく」して来てしまうことで爪の間に入り込み、爪自体も水虫に侵されてしまうことになります。

「足の臭い」が、「爪の臭い」になる瞬間です。


綺麗に<する>ことと<保つ>ことの両方が大切

皮脂や汗であれば、洗い落とすことが単純で唯一の方法ですが
水虫はたとえ毎日洗浄していたとしても、少しでも元となる「雑菌」といったものが
残っている場合には、どうしても発生してしまう可能性はあります。

そして、全てを除去することは不可能です。

更に言えば、「自然治癒」はしないものになります。

まずは一度リセットすることが、爪の臭いから派生する足の臭いを防ぐために必要です。

水虫だけでも早めに治しておく

水虫の処方箋(クリーム)は、皮膚科等で処方してもらうこともできますが
水虫専門クリームは市販されており、日常的にケアをしていくのであれば手軽になります。

もちろん「一度治った」からと言って、一生発生しなくなるわけではありません。

全ての人が常にリスクを抱えています。

だからこそ、日常的にケアできるアイテムが有効なのです。

タイトルとURLをコピーしました