臭いが強くなりやすく「加齢臭」も発生しやすいパーツのまとめ

体臭を消臭

「加齢臭」は、年をとれば誰でも発生するリスクのある
「年齢」という要素が大きく関係している、体臭の1つですが
基本的には、年をとっていなくても・誰にでも体臭はあります。

その中でも、体臭が濃い人・体臭が薄い人というのがおり
基本的に体質がベースになっているための、根本的な要因の大きさは個人差があります。

そしてその体臭要因が、最大に引き出されてしまうのが
中年男性(オヤジ)であり、最もリスクが高まっている存在なのです。

特に優先的にケアするべき体臭が強くなりやすい場所

特に中高年の男性というのは、
「最も臭くなるリスクを孕んだ存在」ではありますが、その中でも特に臭くなる部分があります。

何から改善していけばいいか分からないと言う場合は、まずはその部分から手を付けていきましょう。

大きなものを対処することで、小さなものが対処しやすくなるはずです。

以下、加齢臭のリスクが大きいパーツを紹介していきます。

頭部

皮脂が増える・皮脂が臭くなるオヤジにとって、毛髪の臭い・頭皮の臭いは避けることができません。

「夕方には臭くなっている」典型的な部分であり、”臭くなりにくく”するための対策が必要です。

髪の毛だけでなく、頭皮も同時にケアすることが必要です。

脇の下

「汗染み」といえば、脇の下です。

汗をかきやすいということは、それだけ臭いの発生リスクが高いということです。

汗を抑える・臭いを抑えるという、2つのアプローチでリスクを軽減させましょう。

もちろん、悪臭リスクの高いパーツの1つです。

誰でも、蒸れて時間がたつことで臭くなる部分ではありますが
肌質の悪化している中年以降は、特に臭くなりやすいため
ちょっとした手間をおしまず、注意してケアする必要があります。

みんな綺麗好きだからこそ

日本人(アジア人)は元々体臭がが少ない人種であるが故、逆に・だからこそ臭いに敏感です。

そして、同時に綺麗好きな国民性でもあります。

世界的な「デオドラント(消臭)国家」です。

「そこまで気になるかな?」と思ってしまう人もいるかもしれませんが
日本で生活をしていくうえでは、清潔であること・臭くないことは最低条件です。

適応していくしかありません。

また以上のパーツとは別に、加齢臭のリスクが高い場所として
イメージされやすい部分もあり、ケアしておくことで高感度がアップするはずです。

口腔内

口腔内は、年をとることで確実に臭くなる場所です。

歯はもとより、歯茎からの悪臭も目立ちます。

だからこそケアしておく必要があり、「歯槽膿漏」等のリスクの軽減にもつながります。

タイトルとURLをコピーしました