唾液がネバネバで口の中が異常に臭い!~胃が悪いことによる口臭を改善するための効果的な方法とは~

口臭を消臭

年をとることで、肉体が衰えていくことは避けることができないものです。

「体」というのは「内臓」や「体力」等、様々なもので構成されているため
その1つの結果として、「代謝の低下」それに伴う「吸収効率の悪化」がおきます。

そしてそれらは、「糖尿病」や「腎臓病」といった
「疾患(病気)」というかたちで、最終的な姿を現すことになります。

それと同時に、「肌」や「髪」がやつれていく(美を失う)といった
健康状態と同時に、美容に関するトラブルも増えていくことになります。

ただし、ある意味でこれらは「自分の問題」とも言えます。

苦しいのは自分であり、悲しく・切ないのも自分です。

もちろん、なるべくそうならないように
悪化・劣化のスピードを、抑えることこそが
中高年の方々が、日々取り組むべき働きかけの目的となります。

しかし、加齢によって引き起こされる様々な健康トラブルの中には
「周囲に悪影響・迷惑を与えてしまう」という特徴を持ったものも存在します。

そしてその中でも、「不潔」という印象を与えてしまうリスクを抱えたものは
「若い子に嫌われない」ためにも、ぜひ注意して欲しいと思います。

「健康」と「におい」は大きな関連性がある

中高年の不潔トラブルの、最も典型的な例は「体臭」と言えます。

臭い人に近づきたい、という人はおそらくあまりおらず・・・

また「自覚しづらい」ことも、トラブルを発展させてしまう理由です。

直接的・慢性的に周囲に迷惑をかけてしまうことになるため
もしも自分の夫・妻が該当するようであれば、ぜひ早めに伝えてあげて欲しいと思います。

そしてこの体臭と似た要素に、「口臭」というものが存在し
「体質」の影響も受ける体臭に比べて、「誰もがリスクを持っている」ことからも

実は「身近なおじさん(おばさん)」の体臭に、悩んでいる社会人は多いようです・・・

加えて、「臭い」だけでなく「見た目」の不快感につながり
またそれらを両立してしまっているものに、「ネバネバした唾液」があり
聞くだけで「汚い」という印象を受けてしまう、もちろん「見たくない」ものです。

そしてこれらの症状に共通している要因が、「胃(内臓)」の状態の悪化であり
これ自体も中高年の典型的なトラブル症状であり、何より健康的にもデメリットが多い症状です。

たとえ中高年でなくとも、口臭に悩んでいる・発している人は多く
この口臭の問題というのは、一般的な・ありふれた問題でもあります。

基本的には、”口の中が汚いこと”が要因であり
更に「胃の中」の状態(臭いの強いものを食べた後)も影響しています。

こういった一般的な口臭問題に関しては、昨今の「デオドラントブーム」等から
「いわゆるフリスク」や「グミ」のような、手軽なエチケットアイテムが増えており

手軽にケア・予防ができるため、”軽いうちに”対策を始めることが大切です。

当サイトでも口臭アイテムを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

しかしながら、このページで紹介する異常な口臭の要因というのは
一般的な口臭よりも、より深い事情を抱えたものであり
「胃の中の事情」というよりも、胃の健康状態が関わるものになります。

劣化していく臓器が更に痛めつけられている状況も

生まれた時から使い続けてきた、胃をはじめとした内臓は
年齢に比例して疲労・疲弊が積み重なり、弱っていて当然です。

そして、ただでさえ弱っている状態に
中高年という時期は、ダメージを加速させることになります。

その最も典型的な要素が、「ストレス」であり
「胃痛」や「胃もたれ」といった、慢性的な不快感を抱えた方が非常に多いと言えます。

会社でのポジションが上がるにつれ、責任は重くなり・・・
また上がらなくても、それはそれで別のストレスを抱えこむことと思います。

家庭内でも同じことであり、家族がいるなりの責任感
また「独身」であれば、よりリスクの高い状態と言えます。

これは決して冗談ではなく、現実的な問題であり
「ケアしてくれる人がいない、自分でもしない」という状態では
あらゆる健康不安は、悪化の一途を歩むことになります。

必ず、何らかの改善策をとる必要があります。

「薬」の飲み過ぎに陥る前に

「胃痛・むかつきに悩む中高年」というのは、全く珍しいものではなく
非常に一般的であり、だからこそ「みんな同じような対策」をとりがちです。

基本的には、

  • 消化を助ける
  • 胃を守る

成分が配合された、いわゆる「胃薬」を慢性的に摂取している方は多いはずです。

しかしながら、身近であるからこそ忘れがちなこととして
胃薬は「薬」であり、気軽に飲むべきものでもありません。

何より、「痛くなってから」「痛くならないように」飲むことは
根本的な解決にはならないアプローチと言えます。

本来であれば、より「胃の力」に働きかけることが必要なのです。

漢方の力で自然に回復させていく

「生薬製剤イツラック」は「医薬部外品」であり、薬ではなく
そのため「治す」という力は持たないものですが
薬ではないからこそ、習慣的に摂取しやすいものと言えます。



漢方成分が主成分であり、「胃薬よりはこっちを選んで欲しい」と言える存在であり
「胃薬が手放せない」という状態は、なるべく早く卒業すべきです。

実際に、中高年の方々の利用者が多く

  • ストレス
  • 飲み過ぎ

といった、異なる様々な事情にも効果を感じるとった
オールマイティーな使い方ができるアイテムです。

「生薬製剤イツラック」の詳しい解説ページへ

>>「生薬製剤イツラック」の公式販売サイトはこちら

改善のベースとなる「水分」

「唾液」に異常がある場合には、単純に「水分不足」という可能性もあります。

唾液の量が増えているということは、胃の状態が悪い可能性が高いですが
その「粘度」には、体内の水分・浸透圧といったものも関わります。

この時期には、「オシッコが近い」といった別のトラブルも抱えがちであり
また「高血糖」等の事情を抱えている体は、水分の吸収(代謝)にも問題が現れます。

「デトックス(毒素排出)」という観点からも、過剰でなければ水分は多めにとるべきであり
健康状態をいい方向へと向ける、何よりの「万能」な成分であることを意識しましょう。

タイトルとURLをコピーしました